己は昔から老け顔で、ティーンズ後半の時に非常勤を通していた居酒屋で常連の人物に、歳を聞かれたので言うと「30歳ほどかと思った。」と言われました。

その場では笑っていましたが、どうしても傷つきました。なぜこうした老け顔に生まれたのだろうと思い、同僚に自分のどこが老け顔なのか聞くと、自分にはほうれい線が濃いから老けた風貌におけることがわかりました。

老け顔と言われたくないので、webやテレビジョンでほうれい線を多少なりともぶち壊すために探し出しました。

わかったことが、自分が老け顔になったのは小さい頃から野球を通していたのに、UVなどの答えを全くしてこなかったからです。

UVはスキンの奥にある真皮域にまで影響を与えるそうで、真皮域は約7割がコラーゲンでできていらっしゃる。

UVがこういう真皮域のコラーゲンを壊してしまい、スキンの弾性や弾性をなくし、たるみやしわの原因になるのです。

こういうたるみがほうれい線を仕掛けるのですが、今までUV対策をしてこなかったけど、ほうれい線を消せるのかと思いました。

日常のスキンケアや営みを改める結果すぐには消えないのですが、近々ほうれい線が目立たなくなってきます。

今は30歳を過ぎましたが、20代に見えると言われるようになったので、何とかティーンエイジャー後述に言われた事から少しは若々しく蔓延るようになったのだなと情緒喜んでいます。ALTの値を下げるには、どうすればいい?

自分は、幼い頃から高身長に憧れていました。伸長が高い方が、格好良く見えたからです。クール匂いの女性になりたかったのかもしれません。

私のママは通常レディースとしては、大して高身長というわけではないのですが、低い方ではないので、それくらいにはなりたいと思っていました。

身長を引き伸ばすために、一旦カルシウムを摂ることにしました。カルシウムといえば、乳ですよね。給食も出ましたし、一心に飲んでいました。ビタミンDと共に摂取すると有益と聞いたので、一緒に食べるようにしました。

あとは、煮干しも一心に食べていました。幸いにも魚は大好物だったので、おやつ代わりによく食べました。息子が採り入れるには、健康にも良さそうですよね。両親にも、年中食べなさいという勧められました。スナック菓子を摂るよりは、確かに良いと思います。

あとは、スポーツですね。ひたむき、それほどスポーツは得意ではなかったのですが、身長を伸ばしたかったのでよく走るようにしていました。

それと最も重要なのは、就寝だ。息子は就寝時間が足りないといった、各種ところに支障が出ると思いますが、身長も伸びにくくなるのでは?と考え、短く就寝するようにしました。

その結果、レディースとしてはそこまで高身長というわけではないですが、自分が満足できる並みには身長を引き伸ばすことができました。満足しています。出典